国立大学法人名古屋工業大学 大型設備基盤センター [ トップへ戻る ] 
TOP > 分析機器紹介 > 低温室
サイトナビ

ご案内

大型設備基盤センター サービス系

低温室

超高感度磁化率測定装置(SQUID磁束計)はこちらをご覧下さい。

設置場所

大型設備基盤センター(54号館) 低温室

装置管理者・連絡先

この装置の設備取扱責任者、相談員、オペレーターは、人員配置にてご確認ください。


業務内容

各種実験、測定に利用されている極低温液化ガスの安定供給を主な業務としており、それに付随する各種相談、取り扱いについての指導等々。



現有備品

     
液体ヘリウム容器 5l 20l 各1個
10l 2個
30l 1個
50l 3個
60l 1個
液体窒素容器 10l 4個
汲み出し用クライオポンプ 1台
ヘリウムガス回収用バルーン 1m 9個
2m 11個
3m 2個
トランスファチューブ Liq.He用 4個
低温用温度計 横河電機製 1個

超高感度磁化率測定装置(SQUID磁束計)はこちらをご覧下さい。



利用方法及び利用料金(学内)

  • 液体窒素については、年2回ほど実施する保安教育(取り扱いの説明)を受けた者が各自で取り扱い、その量を備えつけの用紙に記入していく。

  • 液体水素、液体ヘリウムについては、事前に担当者に連絡を取り利用日を指定する。取り扱いは担当者、又は指導を受けた者が行なう。

  • 液体窒素容器については、利用者で用意することを原則とし、その他、現有備品については、貸出可能であるので担当者に相談して下さい。


利用料金は、学内利用料金表をご参照ください。


学外の方へ

ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、受託試験案内をご覧下さい。



         
国立大学法人名古屋工業大学 大型設備基盤センター [ ページトップへ戻る ]