国立大学法人名古屋工業大学 大型設備基盤センター [ トップへ戻る ] 
サイトナビ

ご案内


【暫定版】

大型設備基盤センター 物理・表面計測系

凍結試料作製装置 JFD-II

JFDII

設置場所

2号館 909A室
凍結試料作製装置 日本電子 EM-19500 JFD II

装置管理者・連絡先

この装置に関する相談・お問い合わせは
大型設備基盤センターまたは設備取扱責任者(永田・樋口)へご連絡ください。

装置の特徴

凍結試料作製装置は、凍結生物試料の細胞や組織の微細構造を、冷却したまま高真空中でフリーズフラクチャあるいはフリーズエッチング法などによって「生体に近い状態」「形の変わりやすい試料」を保持し、電子ビーム蒸着により超微粒子の金属レプリカ膜を得て、電子顕微鏡観察に適した試料を作るための装置です。


装置性能および仕様

凍結試料作製装置 (日本電子製 EM-19500 JFD II)
排気系 完全自動排気、
ターボ分子ポンプ仕様
到達真空度 5×10-5Pa以下
温度コントロール + 40℃〜-170℃
自動制御、デジタル表示
試料回転 モータ駆動
試料傾斜 0〜90°
ナイフ移動 マイクロメータ二段方式
観察ルーペ ×10 切替方式
蒸着 マテリアル送出方式、2 極切換方式
マテリアル Pt-C、C
試料交換 ロードロック方式
ナイフ交換 ロードロック方式
マテリアル交換 ロードロック方式


利用方法及び利用料金

利用について

  • 学内
    教職員および学生のうち装置担当者(永田・樋口)から許可を得た方のみが使用できます。 原則として試料調製ができる方とします。初めて使う方は必ず事前に装置担当者(永田・樋口)へご連絡ください。(あらかじめ講習を受けて操作法を習熟した方のみ利用許可者として登録されます。 )
    学生は指導教員と相談の上、ご相談ください。
    また以下の条件を満たしていることが必須となります。

      ● 使用料金を支払うことができる方

      ● 学内の液体窒素利用資格者

    試料汚染を防止するため、液体窒素トラップを設けていますので、利用者は必ず学内の講習を受け液体窒素利用資格を取得してください。

  • 学外
    ご相談、または受託試験を希望される学外の方は、受託試験案内をご覧下さい。

試料について

以下の試料については扱えません

  (1) 毒物、危険物

  (2) ガスが発生するなど、装置の故障の原因となる試料

  (3) 強い磁化を持つ試料(磁性体については別途ご相談ください)

  (4) 前処理や分析過程で、装置に障害をきたす恐れがあると判断した試料

利用申し込み手順

利用を希望する方は大型設備基盤センター(事務室)または設備取扱責任者(永田)まで事前にご連絡ください。 学内の方で既に使われている方はポータル内の機器分析受付システムから予約してください。 システムへのアクセス方法については学内利用案内をご確認ください。



利用料金

使用に際してのお願い

装置のトラブルや故障の際はすぐに装置担当者(永田・樋口)に連絡してください。(不在の場合は、大型設備基盤センター事務室まで連絡してください。)



備考

ミスオペレーションによる装置の破損については修理費等を徴収します。
液体窒素使用時には部屋に置いてある注意事項をよく読み作業してください。



         
国立大学法人名古屋工業大学 大型設備基盤センター [ ページトップへ戻る ]